刑事事件 [事例9]

女性の後ろ姿を撮影し通報された→示談により不起訴処分

30代男性
罪名結果
盗撮 不起訴

背景

ある日、Aさんが相談に訪れました。事件を起こし警察に取り調べを受けたので、力を貸して欲しいとのことでした。

詳しくお話を聞くと、Aさんは女性の後ろ姿を歩きながら盗撮していたところ、通行人の男性に見咎められ、警察に通報されてしまった、というご相談でした。

Aさんの行為は盗撮にあたり得るものでしたし、また、相当な距離をついて歩いていたため、つきまといと言われる可能性もありました。

対応

Aさんが処罰を免れるために最も有効な手段は、被害者の方と示談をすることでした。依頼を受け、私はすぐに警察を介して被害者の方の連絡先を入手しました。

そして、被害者の方に謝罪し、示談をしてもらいました。

結果

結果を警察に伝え、最終的には送致後一度も取り調べを受けることなく、不起訴となりました。

被害者の方と示談をする上で重要なのは、事件からどれだけ経過しているかという点です。

経験上は、事件から時間がたてばたつほど、被害者の方の態度は頑なになり、示談を受け入れてもらえにくくなります。
また、受け入れてくれるとしても、金額などの条件が厳しくなりがちです。

今回はAさんが自らの行為を反省し、すぐに対応しようと相談に来てくれたため、迅速に示談を締結することができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-700-496 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-700-496
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ