不倫慰謝料

不倫慰謝料が高額すぎて払えない!減額、分割払い、延長で対応可能?

不倫慰謝料が高額すぎて払えない!減額、分割払い、延長で対応可能?

「不倫慰謝料を請求されたけど、こんな金額はどう考えても支払えない…」

このようなご事情を抱えていらっしゃる場合は、請求相手と交渉をすることをおすすめします。

実際、慰謝料を請求されたら必ずその額で支払わなければならないといった決まりはありません。支払える額まで減額して折り合いをつけ、対応していくことが大切です。

また慰謝料は一括でしか支払えないと考える方も多いですが、実は、交渉すれば分割で支払うこともできます。

しかし、いざ交渉するとしても、どのように対応したらよいか分からないでしょう。

そこで今回は、不倫慰謝料を請求されたが支払えないケースの対処法をお伝えします。不倫慰謝料が支払えない場合の対処法から減額・分割支払いの流れ、弁護士に相談するメリットまでご説明いたします。

1.慰謝料を払えない場合の対処法

まずは、慰謝料を請求されたが支払えない2つのケースと、その対処法を見ていきましょう。

(1) 慰謝料を支払えない2つのケース

「慰謝料を請求されたが支払えない」 というケースには、実際には2つの状況が想定できます。

具体的には、以下の2つです。

  • いきなり請求されて支払えないと思った
  • 慰謝料支払いに合意したが、途中で支払えなくなった

「弁護士から連絡があって(内容証明が届いて)いきなり慰謝料請求された」というケースでは、突然のことでびっくりされていることでしょう。金額を見て余計に動揺した方も多いと思います。どう対応したらよいかわからず無視してしまう方もいます。

他方、慰謝料支払いには合意したけれど、実際に支払いの時期になると「支払う余裕がなかった」という方もいるはずです。会社をいきなり解雇された、介護などのご事情でこれまで通り働けなくなってしまった等、経済的事情もあるでしょう。

実は、どちらのケースでも基本的な対処法は同じです。それは「相手方と交渉を行うこと」です。

「今すぐこの額で支払ってほしい」と相手方が要求してくることもありますが、実際にきちんと事情を話せば、事態は好転することがほとんどです。

もっとも、ただ「支払えない」と言っても相手方は納得しません。

相手方に譲歩してもらうためには、次の対処法を実践してみてください。

(2) 減額、分割払い、延長

提示された額を支払えないと判断した場合は、以下の対処法のどれかを行ってみてください。

①減額をお願いする

慰謝料額は、相手の言い値で決まってしまうこともあります。こちらが交渉しなければ、相手のいうままに金額が定まってしまうのです。

しかし、納得できない場合にはきちんと交渉すれば現実的な額に落ち着くことも多々あります。

相手方も支払ってもらわなければ意味がないため、交渉を行えば最終的には納得してくれるはずです。

到底支払えない金額の場合は、減額交渉をしましょう。これは一度合意した場合でも同じです。

②分割支払いにしてもらう

通常、慰謝料を請求された方は「慰謝料は一括で支払ってください」という支払い条件を提示されていることでしょう。

実際、慰謝料支払いは一括が原則です。しかし、本来は支払い方法に制限はありません。そのため、交渉すれば分割支払いも可能なのです。

分割支払いを希望する場合は、毎月支払える金額にしてもらうのが大切です。実際の経済的事情もお話して、相手に納得してもらわなければなりません。

③支払い期限の延長をお願いする

慰謝料の一括支払いあるいは分割支払いでは、支払い期日を決めていたことでしょう。しかし、実際の期日になると思ったようにお金が回らず、用意できなかったという事情が出てきます。

このようなケースでは、支払い期限の延長をお願いするという方法があります。

お願いする場合は、支払い期限に支払えないこと、支払えない理由、いつ支払えるのかを明確に相手に伝えるようにしてください。

このように、慰謝料が支払えない場合でも冷静に対応することで対処することは可能です。

相手がなかなか応じてくれないことも予想できますが、謝罪の上で交渉を行えば減額や分割、期限の延長に応じてくれる可能性は十分にあります。

2.減額・分割交渉の流れ

次に、減額・分割交渉の流れと分割払い・減額が認められる事情をご説明します。慰謝料が支払えないときにやってはいけないNG行為も解説します。

(1) 減額・分割交渉の流れ

交渉、合意、文書、 訴訟

では、減額や分割交渉をお願いする場合、どのような流れで進めていくべきなのでしょうか。

交渉の流れとしては、以下の通りとなります。

  1. 交渉
  2. 合意
  3. 同意内容を文書または公正証書にする
  4. 合意できない場合は訴訟

まずは、交渉です。減額や分割など、相手に希望を伝えましょう。この際、しっかりとした理由を伝えることが大切です。

一度合意しているケースなど必要な場合は謝罪を持って、粘り強く交渉するスタンスが必要です。交渉の際は、支払い金額、支払い条件(一括払い・分割払い)、支払い期日、支払い方法などを明確にしておきましょう。

内容に合意できたら、文書を作成します。文書を作成するのは後日トラブルを防ぐためです。

できれば、内容を公正証書としてまとめておくとなお良いでしょう。公正証書には手数料として数千円〜数万円かかりますが、「言った言わない」を防ぐためにも大切です。自分でするのが難しい場合は、専門家である弁護士にお任せしましょう。

仮に合意できなかった場合は、裁判で決着をつけることになります。多くは、請求者側から訴訟が提起されます。

このような事態になってしまった場合は、ご自身で解決することは難しくなります。できるだけ早く弁護士に相談してください。

(2) 分割払い・減額が認められる事情

先に、ご説明した通り慰謝料支払いは原則として一括払いが基本です。そのため、分割払いにしてもらうためには、それ相応の事情が必要となります。

具体的には、経済的事情の説明です。実際に支払い能力がないということを相手に説明して納得してもらうしかありません。

多額の慰謝料を一括で支払える余裕がないことを、給与事情などを用いて具体的に証明することになります。実際の経済的事情を把握すれば相手も納得する可能性が高くなります。

逆にいえば、経済的に困っていない場合は、分割支払いにすることは難しいかもしれません。

何か特別な事情がある場合は、専門家である弁護士に相談しましょう。

また、減額をお願いしたい場合で、要求された金額が相場であるというケースもあるでしょう。このような場合は、なかなか減額交渉にも応じてもらえません。

この場合は、離婚の際の財産分与で相手方に多く分配するという方法もあります。これは離婚を前提とした選択肢となるため、利用できるのは限られたケースとなるかもしれません。

しかし、これが可能な場合は、慰謝料を減額する代わりに家や預金などを相手方に多く配分することで納得してもらえるかもしれません。

(3) 慰謝料を支払えないときにやってはいけない行為

慰謝料が支払えない場合、どう対応すればよいかわからず困る方も多いでしょう。

しかし、以下でご紹介するNG行為は決してやってはいけません。

  • そのまま放置する
  • 口約束にする
  • 支払えない額で合意する

①そのまま放置する

まずやってしまいがちなのが、「放置する」ということです。請求されてもそのまま放置して、何もなかったことにするのはやめましょう。

慰謝料支払いに合意後、支払わず放置した場合は、催促状が届きます。これも放置した場合は、強制執行が行われます。

強制執行では、家や車などの資産が差し押さえられるだけではなく、毎月の給料も差し押さえられてしまいます。

慰謝料の支払いに関する合意の際、公正証書にて文書をまとめている場合は裁判所の許可なしに強制執行が可能です。スピーディーに物事が進行していくため、注意してください。

②口約束にする

また、口約束で分割や減額の約束はしてはいけません。

相手をいくら信用していても、正式な文書で取り交わさないと後日トラブルを招きかねません。文書の合意と口約束では文書の方が証拠価値として重くなります。

のちに困った事態にならないようにするためにも、必ず文書でまとめておきましょう。

③支払えない額で合意する

分割払いにする際は、毎月支払える額で合意しましょう。

分割にしてもらったはよいものの、「毎月10万円も支払えない」というケースもあります。

相手方はできる限り支払い回数を少なくして早めに回収したいと考えています。しかし、そうすると支払い金額は大きくなり、現実的に支払えない可能性もあるのです。

現実的に考えて、支払える金額で分割の合意をしましょう。

3.慰謝料が支払えない場合に弁護士に依頼するメリット

最後に、慰謝料を支払えない場合に弁護士に依頼するメリットをご説明します。

(1) 交渉に応じてもらえる可能性が高まる

「減額や分割の交渉を自分でしたけれど、応じてくれる気配がありません」

このように、実際にご自身で交渉を行った場合でも、相手方が必ず応じてくれるとは限りません。一括払いや請求当初の金額に固執されることもあり、慰謝料を支払う本人が相手では冷静に話し合えない場合もあります。

この点、弁護士となら交渉に応じるケースも数多くあるのです。

弁護士が代理人としてついたことにより、相手も真剣に受け取ってもらいやすくなります。また、「支払いたくないから減額を主張してくるのだ」と相手方が思っているケースも少なくありません。

気持ちの問題ではなく、実際に支払えない経済的事情があることを弁護士からご説明することでご理解いただけることもあります。

(2) 交渉から訴訟まで法的手続きを任せられる

また、弁護士に任せてしまえば、よくわからない法的な内容に悪戦苦闘する必要もありません。

交渉も示談内容の妥当性も、すべて弁護士にチェックしてもらうことができます。交渉を任せられるだけでなく、法的なアドバイスをもらえるのもメリットの1つです。

最終的に折り合いがつかず、訴訟になってしまうケースでも、弁護士に任せていれば突然のことに驚かなくて済みます。

最初から最後まで法的な手続きすべてを弁護士に任せられるのは、メリットの1つといえるでしょう。

(3) 後日トラブルを防げる

NG行為でもご紹介しましたが、本人同士での交渉で陥りがちなのが「言った・言わない」のトラブルです。

「あの時あなたはこう言った」「いや、その後に別の合意をした」と話がもつれてしまうことがあります。

また、不倫が原因で離婚という事情がある場合は、感情的になってしまいなかなか話が進まないということもあるでしょう。

このような問題も、弁護士に任せてしまえば防ぐことができます。間に第三者を挟むことで、トラブルを防ぐだけでなく正式な文書として合意内容をまとめるため、後日問題が浮上することも回避できます。

4.不倫慰謝料の支払いに困ったら泉総合法律事務所にご相談を

突然突きつけられた慰謝料の額に困惑するのは当然です。どうしたらよいかわからず何もできないこともあるでしょう。

しかし、そのまま放置するのは危険です。すでに合意してしまっている場合は、強制執行が行われ給料や資産が差し押さえられてしまいます。

まずは冷静になり、どう対処したらいいかわからない場合は弁護士に相談しましょう。

泉総合法律事務所は、慰謝料支払いに関するトラブルも数多く承っております。実際に妥当な金額かどうかの判断から、相手方に対する減額交渉、分割支払い交渉、期日延長まで、経験豊富な弁護士にお任せください。

相手方に弁護士がついている場合はなおさらです。問題が大きくなる前に慰謝料問題を解決して、将来への一歩を踏み出しましょう。泉総合法律事務所の弁護士が全力でサポートいたします。

無料相談受付中! Tel: 0120-700-496 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-700-496
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ