交通事故 [事例1]

後遺症非該当⇒異議申し立ての結果14級9号認定、賠償金も310万円獲得

30代男性
主な症状損害賠償金
頸椎捻挫、腰椎捻挫 310万円

背景

Aさんが運転する乗用車は、高速道路を進んでいましたが、途中渋滞に巻き込まれて停車していました。
すると、後ろから加害者が運転する車が追突してきたため、Aさんはむち打ちの怪我を負ってしまったという事故です。
加害者の加入する保険会社から、しばらくは治療費がきちんと払われていたのですが、
担当者からこの打ち切りを宣言されてしまったことから、Aさんは今後を不安に思い、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

対応

保険会社の担当者は当初から強硬な態度をとる傾向にあったことから、弁護士としては冷静かつ理論的な対応をすることをこころがけ、医師の見解を聞き取るなどしながら再度の治療費の支払いの交渉をし、これに成功しました。また、後遺症についても、最初の申請では非該当の結果となってしまいましたが、医師への医療照会を行うなど、新しい資料を用意して異議申し立てを行った結果、これが認められ、14級9号を獲得することができました。

結果

以上の通り、弁護士介入により、治療費の延長、そして異議申立てによる後遺症の14級9号の獲得ができました。これに基づいて慰謝料・後遺症慰謝料・逸失利益等の金銭賠償を行い、最終的に310万円の賠償金を獲得することができました。これらの活動は、なかなか被害者自身で行うことは難しい活動でもあるので、弁護士を入れたことが効果的だった事案と言えます。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-700-496 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-700-496
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ