交通事故 [事例10]

30代女性、後遺障害14級にて示談金280万円超獲得

30代女性
主な症状損害賠償金
左踵骨骨折、左肘・左足関節挫傷、左股関節捻挫等 約280万円

背景

ショッピングセンターの駐車場内において、自動車がバックで駐車スペースに進入しようとした際に、被害バイクと衝突した事案です。

Aさんは、以前にも当事務所にご依頼していただいたことがある方で、今回も代理人弁護士を付けて、相手保険会社と少しでも有利に交渉を進めたいと考え、当事務所で法律相談をすることになりました。

対応

本件を受任した後、Aさんの治療完了を待って、後遺障害の申請をしたところ、14級9号が認定されました。

本件では、Aさんの逸失利益算定における基礎収入が争点でした。Aさんは、もともとマッサージ師でしたが、事故時には学生をしていたこともあって、現実の収入は極めて低額でした。

そのため、当方は、同年代女性の賃金センサスによる算定を主張したのですが、相手損保会社側は実収入を主張してきました。

そこで、Aさんから学生であった証拠資料などを取り寄せて相手方に提出し、何度も交渉を重ねたところ、全年代の女性の平均賃金を基礎収入として逸失利益を算定するということで合意がすることができました。

結果

後遺障害は、14級が認められ、示談金は、280万円を超える額を獲得できました。

自賠責保険から回収した75万円を合わせると人身の示談金は280万円超となりました。そのほか物損の賠償額が約37万円ありましたので、Aさんには大いに満足していただくことができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-700-496 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-700-496
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ